FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様からの贈り物

 私たちが住む街の近くの山奥にある、とある神社。
 ここにはご神木と呼ばれる木があります。
 古くから私たちの街を守ってきたこのご神木は、今でも山奥から私たちを見守っていてくれます。
 この木は名前の通り、神様の力が宿っているといわれており、地元では結構有名です。
 私は小さい頃から、兄と一緒に山奥の神社に訪れてはこのご神木に登って遊んでいました。今にして思えばすごい罰当たりなことをしていたな、と思います。
 でも、神主さんが言うには私たち兄妹は小さい頃から遊んでいるせいか、神様のご加護を受けているとのことです。
 本当なのかどうかはわかりませんが、そういわれるのは嬉しいですね。
 だから私たちは、特別なことがあるとご神木のもとに向かい、そこでお祈りをしたり、小さい頃のように木に登ったりしています。
 ちなみにこの木に登ることを許されているのはなんと私たちだけなのです。他の人は登ろうとしても何故か登れないそうです。神様の不思議な力がそれを妨害しているのでしょうか。

 そして今日も、私たちはこのご神木のもとに来ていました。

「神様、今日も来ました」

 私はご神木に挨拶をします。返事があるわけではありませんが、一応礼儀としてやっておきます。

「よし、じゃあ登ろう」

 挨拶を終えると、兄はすぐに木に登り始めました。相変わらずの素早い身のこなしです。
 この木には私も登ることがあるのですが、あまり木登りは得意ではないので、手際よく登ることができません。なのであまり登らないようにしているのです。
 だけど今日は登っちゃいます。何しろ今日は大切な日だからです。

「お兄ちゃん、私たち上手くいくのかな」
「上手くいくさ。何せ俺たちは神様に祝福されているんだからな」

 木に登り、その上から街の風景を見ていた私たちはぎゅっと手を握ります。こうすると、とても安心します。

「この記念すべき大切な日に、昔からお世話になっている神様の祝福を賜りたいんだ」
「……そうだね」

 私たちはそこでお祈りを捧げます。
 どうか、私たちのこの時間が永遠に続きますように、と。

「……よし、じゃあ行こう。明日から忙しくなるぞ」
「うん!」

 これからは新しい生活が始まる。やることはたくさんある。私たちは一歩ずつ、前に進まなきゃなんだ。
 私がゆっくりと木から降りようとしたその時、私の鈍くささが発動したのか、足をかける位置を間違えてしまい、足を滑らせてしまいました。

「あっ……」

 その瞬間、私の体は宙に放りだされました。
 このまま落下してしまうのかな、と思っていましたが、兄が手を差し伸べて私の手首を掴んでくれました。

「ぐっ……」

 しかし、下に落ちようとする力を兄の片手一つで支えるのは不可能でした。そのまま兄は木を掴んでいた手を離してしまい、私と同じように宙に放りだされてしまいます。

「くそっ、せめてお前だけは!」

 そういうと兄は空中で私を抱き寄せ、自分の体を下にしました。その光景が、私が最期に記憶していた出来事でした。

********************

 うっすらと、誰かの話し声が聞こえる。

「どうしてこんなことに……」
「もう、治らないのでしょうか……」
「どうか、よろしくお願いします」

 どこかで聞いたことがあるような話し声。でも、誰なのかを考えることができない。
 自分が何故こうなっているのか、一体どこにいるのかもわからない。
 これ以上考えたくなかったので、瞼を閉じることにした。
 次に目が覚めるときには、きっと幸せな日々が待っていることだろう。

********************

 私が次に目を覚ましたのは病室でした。
 辺りを見渡してみると、どうやら神社から一番近い病院にいるようです。
 私は少し考えて、自分が今おかれている状況を理解しようとしました。
 私は今、病院らしき場所のベッドで寝ています。ということは、病院の厄介になる何かしらの怪我を負ったということになります。
 そこまで考えて、その怪我が木から落ちたときに出来たものだということがわかりました。
 では、私はどこに怪我を負ったのでしょう。
 体を動かしたり、怪我を負っていないかを目で探したりしました。すると全身に痛みが走ります。どうやら体全体を打撲したようですね。

「いたた……」

 体は痛みますが、想像していたよりは大したことがない痛みでした。結構高い木から落ちたのに、これほどの怪我で済んだのは奇跡かもしれないですね。

「あっ、そうだ……」

 私と一緒に木から落ちたお兄ちゃんはどうしたんだろう。
 安否を知りたかったのですが、私の病室には誰もいません。
 仕方がないので、ナースコールを押して人を呼ぶことにしました。しばらくすると看護師さんが部屋に尋ねてきます。

「目が覚めたのですね!」
「はい。あの、私と一緒に兄も運ばれているかと思うんですけど、兄はどちらにいるんでしょうか」

 看護師さんに尋ねると、彼女は何故か暗い表情になりました。

「ごめんなさい。あなたのお兄さんはまだ目を覚ましていないんです。かなりひどい怪我で、命にかかわるほど重症らしくて。仮に目を覚ましたとしても、絶対安静の状態だと先生も言っていました」
「そんな……」

 お兄ちゃんの怪我がそんなに酷いなんて、思わなかった。
 そういえば、最後にある記憶では、お兄ちゃんが下になってくれたような気がする。ということは、私の怪我がこの程度で済んだのはお兄ちゃんのおかげなんだ。

「ところで、あなたの怪我は大丈夫ですか?」
「あ、はい。私は全身が少し痛むくらいで、大したことはないようです」

 私は軽く体を動かして見せます。その様子を見ると、看護師さんは安心したような表情を浮かべました。

「ならよかった。念のため、先生に状態を見てもらいましょう」
「はい」
「では、少し待っててくださいね。今すぐ呼んできますから」

 そういって看護師さんは部屋から出ていきました。
 誰もいなくなった病室で、私はただ一人祈ります。

「お願いします、神様。どうかお兄ちゃんを助けてあげてください」

 神様に愛されている私たちの願いなら、きっと叶えてくれる。
 私は根拠のない自信で祈り続けました。

 しばらくすると、私の病室にお母さんが入ってきました。どうやら先ほど出て行った看護師さんが呼んでくれたようです。

「大丈夫だった!?」

 お母さんが必死の形相で私を優しく抱きしめてくれます。その温かさに、私は思わずうるっと涙をこぼしてしまいました。

「うん、大丈夫だよ。ちょっと全身が痛むけど、多分大したことないと思うし」
「先生がもうすぐ来てくれるから、しっかり見てもらいましょう」

 お母さんがそういった後、今度はお医者さんが病室に入ってきました。やはり先ほど出て行った看護師さんが呼んでくれたみたいです。
 私は検査を受けて、体に異常がないかを調べてもらいました。その結果、全身を打撲しているが、しばらく安静にしていれば回復する程度の怪我であることが判明しました。
 検査を終えた後、私はお医者さんに話しかけます。

「あの、兄は大丈夫でしょうか……」
「……正直、わからない。ただ、最善を尽くすとだけは誓います」

 お医者さんは答えにならない答えを返してくれました。

「……よろしくお願いします」

 私は頭を下げます。今の私は、こうやって頼むことしかできません。何て無力なんでしょう。
 お医者さんは頭を下げた私を見た後、部屋から出ていきました。部屋には私とお母さんが残っています。

「ねえ、一つ聞きたいんだけど……」

 突然、お母さんが話しかけてきます。

「何?」
「これは、一体どういうことなの!?」

 そういってお母さんは手紙を見せてきました。
 これは、私たちがご神木に向かう前に家に置いてきた手紙。その中には……。

「あなたたち、いつの間にこんな関係になっていたの……」

 その手紙には、私と兄のお互いに対する思いや二人で家を出ていくことなどが記されています。
 それを読んだということは、お母さんも私たちのことを理解しているはずです。

「二人で決めたことだから。お母さんたちは許してくれないでしょ?」
「当たり前でしょ! こんなこと、倫理的におかしいわよ……」

 お母さんの表情から、相当参っていることがうかがえます。
 こんな目に合わせている張本人である私が言うのもなんですが、無理もないと思います。突然次々と問題が押しかかってきているのですから。

「私たちは、どんなことがあっても諦めない。どんな障害があっても、何があっても二人なら乗り越えられると信じているから」
「……これ以上話しても埒が明かないだろうし、続きはまた後でにしましょう。とりあえず今はお兄ちゃんの回復を待つのみよ」

 そういってお母さんも部屋から出ていきました。

「お兄ちゃんお願い。無事に帰ってきて」

 私はひたすら祈るばかりでした。



 翌日、私が目を覚ますと病院は何だか慌ただしい雰囲気でした。

「あの、何かあったんですか?」

 私は近くにいた看護師さんに尋ねます。

「あなたのお兄さん、容態が急変したのよ。それで一刻を争うからって、先生が……」
「えっ」

 容態が急変?
 それって、つまりお兄ちゃんが危ないってこと?

「あ、あの! 私も……」
「ダメ! あなたは病室で安静にしてて」

 看護師さんはそう言い去っていきました。
 何で?
 私はこんなにも無事なのに、何でお兄ちゃんだけそんなに危険な状態になっているの?
 頭の中が混乱してきた。
 何も考えたくない。

「うっ……」

 思わず倒れてしまう。
 頭が割れるように痛い。まるで血が出ているような感覚がする。

「お願い……」

 私はうわ言のように呟いた。その声は、果たして誰かに聞こえていたのだろうか。

********************

 うっすらと、誰かの話し声が聞こえる。
 意識が朦朧としているせいか、何を話しているのか全く分からない。
 しかし、その言葉だけははっきりと聞こえた気がした。

「……お兄さんの容態ですが――」

********************

「よいしょ……っと」

 私は今日もここに来ています。
 あれから一か月経ちました。すっかり私の体も元気になり、今までどおり自由に動けるようになりました。
 今日は天気もとても良いです。こんなに澄み渡った晴れ空の日は、何となくここに来たくなりますね。

「お、来てたのか」

 と、私の後ろから声が聞こえてきます。振り向くと、そこには私の大好きな人が立っていました。

「もー、遅いよお兄ちゃん」
「ごめんごめん。まだ体がちょっと痛くてな」

 お兄ちゃんは体を庇いながら歩いています。

「大丈夫? 木に登れるの」
「ま。多少無理してでも登るさ。……よっと」

 ぎこちない動きで何とか木に登るお兄ちゃん。
 私たちはまた、木の上から街の風景を眺めています。お互いの手を、強く握りながら。

「やっぱりいいもんだな、この街は」
「うん。だって、私たちが生まれ育った街だもん」

 あの時はこの街から離れて暮らす決心をしたけど、やっぱり名残惜しい。

「……この時間が、永遠に続けばいいのにな」
「続くさ、永遠にな」

 兄は哀しく笑います。その笑顔の意味を、私は理解することが出来ません。
 だって、こんなに楽しく幸せなひと時なのに、悲しい顔をする理由がないんだもの。
 その私の心情を察してか、お兄ちゃんは優しく抱きしめてくれました。
 心も体も幸福で満たされた私は、このご神木に心からの感謝を述べます。
 神様ありがとう。
 この幸せの時間は、きっと神様からの贈り物だと、私は思っています。

********************

「あれから一か月経ちますが、未だにあのようすです」

 とある病室での会話。そこには、担当医と看護師、そして患者の母親計三・人・がいた。

「どうしてこんなことに……」

 母親は涙を流している。

「恐らく、あの事故で頭を強く打ったのに加えて、お兄さんの訃報を聞いてしまった精神的なショックで、幻覚を見ているのでしょう」
「もう、治らないのでしょうか……」

 母親はベッドをちらりと見た。そこには、虚ろな目に涙を浮かべた幸せそうな少女がいた。

「辛抱強く治療を続けていけば、回復の見込みはあります。私たちも、最善を尽くします」
「どうか、よろしくお願いします」

 母親は深々とお辞儀をする。

「今後の治療については、また後日お話ししましょう。本日は気を付けてお帰り下さい」

 と言って、担当医は母親を帰らせた。

「それにしてもこの子は何故、こんな状態なのに幸せな表情を浮かべているのだろう」
「この子と亡くなったお兄さんは、神社の近くにあるご神木に唯一登れる存在だったようです」

 看護師が説明する。

「それがどう関係あるんだ?」
「……きっとこの子は、幻覚の中で幸せなひと時を過ごしているんじゃないでしょうか。それはこんな目に遭ってしまった兄妹への、せめてもの神様からの贈り物なのかもしれません」
「お兄ちゃん、お兄ちゃん……」

 哀しき少女を瞳に写しながら、看護師は淡々と語った。
スポンサーサイト

短編小説 風鈴

「おじいちゃん、今年も風鈴を吊り下げるの?」

 夏真っ盛りになってくると、我が家の軒下には風鈴が釣り下がる。

「ああ、そうだよ。今年もこれで涼しさを感じるんだ」
「ほんとに涼しくなってるのかなあ……」

 私は風鈴の見た目は好きだが、音はいまいち好きになれない。
 我が家が使用している風鈴は、よくあるガラスでできたものだ。お椀には模様が描かれている。実はこれ、私が作った風鈴なのだ。
 あれは確か、小学校の夏休みの課題だった。

 工作の宿題が出たので、私は何かを作ることにした。
 どうせなら、夏に相応しいものを作りたいと思ったので、夏といえばこれ、というようなものを箇条書きで書き記した。
 扇風機、流しそうめん、蚊取り線香など、いろいろなものが出てきたが、どれも小学生の夏休みの宿題として提出するにはいささか難しかった。
 そこで私は、一番簡単に作れると思った風鈴を、工作の宿題として提出することにしたのだ。
 風鈴の要は、使わなくなったスノードームを加工して制作した。
 球体部分だけを取り外し、頂点にドリルで穴をあける。
 スノードームをただ使うだけでは味気ないので、絵を描くことにした。涼しい雰囲気を出したかったので、魚が川を泳ぐ姿をイメージしてガラスに描いたのだった。
 次にビー玉を用意し、同じようにドリルで穴をあける。このビー玉は舌の代わりとして使用する。
 後は短冊を用意するのだが、私が使用したのは短冊ではなくお守りだった。
 お守りを使用した理由は、暑さと一緒に厄なども払いのけてほしいという、子供ならではの単純な願いからだった。
 そのお守りのヒモを伸ばし、穴をあけたビー玉に通して、風鈴を吊るした。これで完成だ。

 短冊代わりに吊るしたお守りが風に触れると、舌として代用したビー玉が風鈴に当たり、音を響かせてくれる。
 小学生にしてはなかなかのものができたのではないか、と当時の私は自画自賛していた。
 しかし、私は風鈴に対してあまり良い感情を持っていない。
 その理由は、風鈴の音を聞いても全く涼しくならないからだ。

「私は小学生の頃から風鈴の音を聞いているけど、一度も涼しく感じたことはないよ」
「それは、凛が鈴の音をただの音としてしか聞いていなかったからだよ」
「?」

 おじいちゃんの言っていることが、私には理解できなかった。
 ちなみに凛というのは私の名前だ。

「それはいったいどういうこと?」
「なあ、凛。お前は何で、風鈴に川で泳ぐ魚を描いたんだ?」
「それは、涼しい雰囲気をイメージしたからだよ」
「なぜ、魚が泳いでいることが涼しさのイメージなんだ?」

 その問いに、私は当時を記憶を懸命に掘り出して答えた。

「……当時の私は、涼しい=水、というイメージを持っていたからだよ。あ、今単純だと思ったでしょ」
「そんなことは思ってないよ。……そうか。なら、もう既に答えが出ているではないか」
「え?」

 一体、いつ答えを出したのだろう。

「お前は今、自分が作った風鈴に込められた思いをじいちゃんに話してくれた。じいちゃんは風鈴の音を聞くときはいつも、その作られた思いをイメージしながら聞いていたんだよ。だからこそ、風鈴の音を聞いて涼しく感じているんだ」
「……」
「お前もイメージしながら音を聞いてみるといい。風鈴の音が聞こえれば、澄んだ川の水の中で、魚たちが優雅に泳いでいる。水中から上を見上げてみると、晴れ渡った真夏の空が見える。自分の体を包んでいる水や空気を、感じ取ることはできないか?」
「イメージ……」

 私は目を伏せながら、過去の自分が風鈴に込めた思いを辿ってみた。
 当時の私は、どんな気持ちでこの絵を風鈴に描いたのだろう。
 そう、私は確か、小さい頃は外で遊ぶことが大好きだった。木々をなびかせる風や太陽の光、そして澄んだ水。人工的ではない、 自然が作ったものを肌で感じ取ることが何より気持ちよかった。

 風鈴の音がなった途端、昔の記憶が波紋となって広がり、今の私の体を包み込む。
 そこには、小さい頃の想い出が、イメージとなって具現化した世界が見えたような気がした。
 そのときの私は確かに、風鈴の音を聞くことによって涼しさを感じることができたのだ。
 呆然としている私に、おじいちゃんがにこにこしながら語りかけてくる。

「日本には、風情というものがある。自然にある美しさや儚さを心で感じ取ることだ。古くから日本人は、風鈴の音を聞くことによって涼しさの風情を感じてきたんだよ。今の凛のようにね」
「風情……」

 子供の頃に感じることのできなかった風情を、高校生になった今、子供の頃をイメージしたことによって感じ取ることができたという事実に、私は思わず笑ってしまった。
 まったく、おかしなものだ。

「そっか。私は、涼しさを作っていたんだね」
「その通り。扇風機やエアコンの冷気は人工的な涼しさと言われているが、実は風鈴も人工的な涼しさなんだよ。風鈴の音自体に涼しくさせる力はない。しかし、そこからイメージすることによって、涼しさを感じることができるんだ」
「……今年の夏は、扇風機やエアコンなしで乗り切れそうかな」
「どうかな。風が全く吹かなかったら暑いだけだぞ」
「もう、雰囲気壊すようなこと言わないでよ!」

 私はおじいちゃんに少しの呆れと、そしてちょっぴりの感謝を感じながら、ぽかんと優しく体を叩いた。
プロフィール

二見

Author:二見
二見と申します。
現在小説家になろうやアルファポリスにて小説を投稿中。
URLは下記から
小説家になろう→http://mypage.syosetu.com/292324/
アルファポリス→https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/276335455

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
14348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
4253位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。